「その『こだわり』俺にもくれよ」